パートでもキャッシング審査に通る?

パートでもキャッシング審査に通る?

「自分はパートだからキャッシングの審査は通らないだろう」そう思い込んでいる方も多いのではないでしょうか。確かに、カードローンなどの審査ではパートは不利な属性です。正社員や公務員といった属性のほうが「安定した仕事」とみなされ審査で通る可能性がより高いといえます。しかし、必ずしも借りられないというわけではありません。パートでもキャッシングは可能です。パートの方で審査を有利にできるのは、過去のローン実績です。例えば今までクレジットカードを利用してきて、一度も遅れること無く返済してきたという方はキャッシング審査でかなり有利になります。

なぜかというと、そこから「お金に対して責任感ある」、「本人の収入は少なくても世帯収入がそれなりにある」といった事が読み取れるからです。いずれにしても、カードローン側が審査でどういう判断を下すかは申し込んでみないと分かりません。「借りられない」と思い込まずに、まずはインターネットから申し込んでみてはいかがでしょうか。

パートでもキャッシングはできるの?

パートでもキャッシングはできるの?

キャッシングサービスは消費者金融や銀行などが提供しているローン商品を指す言葉です。特にキャッシングは利便性の高いものを指しています。一方でローン商品のひとつであるカードローンなどもキャッシングの一種といえます。キャッシングとはいっても借金であることには変わりなく利用するためには返済能力があることが条件になります。このためサービスの種類によって求められる条件が異なるため注意が必要です。一般的に消費者金融の場合にはパートやアルバイトでも安定した収入があれば良いといったところがほとんどです。

ただし消費者金融の場合には貸金業法に定める総量規制の関係で年収の3分の1という制限があります。また総量規制以外にも年収そのものが低い場合や日雇いといった雇用形態の場合には審査に通るのが難しいとされます。このためパートでもキャッシングの審査に通るためには一定の年収があることが条件といえます。また他社からの借入がある場合には審査で不利に扱われパートの場合には審査に通るのが困難になります。

コメントを残す

このページの先頭へ